NEWS

医療翻訳講座(オンライン)のお知らせ

いつもオンラインストアM.O.S.をご利用いただきありがとうございます。
この度、多くのお客様のご要望にお応えし、Zoomを使用した双方向型のオンライン講座を開催いたします。

現在販売をしております添削講座や動画講座とは違い、講師がリアルタイムで受講生の課題翻訳や、押さえておくべきポイントなどについてじっくり解説します。また、疑問点などを講師に直接質問することができるのもこのオンライン講座の魅力です。

講師は医療翻訳会社「メディカル・トランスレーション・サービス(MTS)」で、トライアル審査官も務めるベテラン翻訳者が担当いたします。
現役の医療翻訳者から、実際の現場で通用する知識やスキルを学ぶ滅多にないチャンスです。

受講者一人ひとりに丁寧なフィードバックを行うため、今回は少人数での開催となります。
10月2日(月)10:00よりM.O.S.で購入(申込)可能となりますので、受講ご希望の方はお見逃しなく!

■ 開催日:
第1回:10/26(木)
第2回:11/16(木)
第3回:12/21(木)

■ 時間:
19:00~21:00(各日共通)

■ 定員:
5名(最少催行人員2名)

■ 開催方法:
Zoomによるオンライン形式

■ 受講料(全3回):
39,600円(税込)

■ 受講条件
医療翻訳の基本的な知識を持った方
※医療翻訳に関する知識がまったくない状態で受講された場合、講座から十分に知識を吸収できない可能性がある点にご留意ください。

■ 受講に際し必要なもの
・MTSからのご連絡を受信できるEメールアドレス。
・各講座の開催前に課題の翻訳に取り組んでいただくため、Microsoft WordもしくはWordファイルを編集可能なソフト
・Zoomを使用しての講座のため、インターネット回線とマイク・カメラ機能のあるPCやタブレット(有線インターネット接続でのPCを推奨します)

※Zoomのシステム条件は下記をご確認ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023

■ 第1回:論文(和訳)
英語の論文でよく用いられるものの、チェック業務をしていて適切に処理(翻訳)されていることが少ないと感じる用語を中心に、これまでよりも「ちょっといい感じに」論文が翻訳できるようになるポイントを解説します。

■ 第2回:同意説明文書(和訳)
同意説明文書は、メディカル翻訳で扱う文書の中で、最も「口語寄り」、すなわち日常会話に近い表現が用いられる文書の一つです。治験実施計画書などの「かたい」文書とは違う、「やわらかい」文書への対応のポイントを解説します。

■ 第3回:治験依頼者からのレター(和訳)
今回取り上げる中では最も知名度の低い文書だと思います。チェック業務をしていても、この文書のなんたるかをきちんと把握されていないのだろうな、という訳文を少なからず目にします。英語と日本語の文化的な違いも含めて解説していきます。

※各講座の開催前に、課題文を翻訳・提出していただき、その添削結果をもとに解説をします。(1課題は原文で300ワード程度)

■ 講座開催前
商品に同梱されている第1回の課題文を、講座開催の1週間前までに翻訳し提出
(2回目以降は、各講座の終了後に配布される、次講座の課題文を講座開催の1週間前までに翻訳・提出)

※あらかじめ取り組んでいただいた課題を、各講座開催日の2日前までに添削して配布いたします(授業前に確認しておいていただくと、より効率的に授業が受けられます)。

■ 講座当日
各回の授業の前半では、受講者さん一人ひとりの訳文について、添削の内容+αの解説をし、最後に訳例を共有して補足的な解説を加えます。授業の後半では、各回のテーマである文書について、その概要・特徴や、頻出する用語・表現、翻訳するうえでのポイントなどを解説します。

✅ 翻訳会社が開催する講座だから、実際の現場で求められる医療翻訳を知ることができます
✅ 少人数制で、一人一人、しっかりフィーバックを受けられます
✅ 講師が一方的に解説をするのではなく、受講者が翻訳した課題を元にした授業なので、スキルアップが見込めます。
✅ 他の生徒さんの翻訳や添削内容を見ることで、自らの視野を広め、新たな発見が期待できます。
✅ 月一回(全3回)の授業なので、普段お仕事で忙しい方も余裕を持って参加できます。
✅ 万が一参加できなかったり、あとでじっくり復習したい場合は、指定期間中、アーカイブ動画を何度でも視聴可能です。
✅ 成績優秀者は、トライアル免除のうえ、MTSの登録翻訳者になることが可能です。

■ 講師:穴見 翼
(株) メディカル・トランスレーション・サービス
品質保証部 翻訳者

東京大学文学部言語文化学科卒業後、㈱メディカル・トランスレーション・サービスの制作部門でチェッカーおよび翻訳者として医療翻訳に携わる。現在は、翻訳・チェック作業のほか、後進の育成、トライアル審査、通信講座の添削などに従事している。

■ 講師からのメッセージ
今回の講座で取り上げる、論文、同意説明文書、レターはいずれも、MTSで一定して受注のある文書ですが、用語や表現、英語と日本語の違いを考慮した対応など、いくつかの「要点」を押さえていただくことで、より良い翻訳をすることができます。本講座では、課題に取り組み、ご自身で手を動かした後に授業で解説を聞くことで、そうした「要点」をより効率的に吸収していただくことを企図しています。上記の文書の翻訳に興味があるけれどなじみのない方、これらの文書の翻訳を実際にしているものの、ご自身にはない視点や新しい気付きを得たいと思われる方は、本講座の受講をご検討ください。

2023年10月2日(月)10:00より、本ストアに商品として「医療翻訳講座1(オンライン)」がアップされますので、ご購入手続きを行ってください。

商品をダウンロード後、下記のファイルがあることをご確認ください。

✅ 講座要綱
✅ 課題提出用wordファイル

※2023年9月28日時点で決定している情報を掲載しています。
追加情報や変更事項が発生しましたら、NEWSにて随時お知らせいたします。